エンチャントについて - ABOUT

エンチャントについて

”エンチャント”は富山でゲーム開発を行っています。

2005年にSESA GAME AWARD INDIES大賞を受賞した「AMIDA(アミダ)」を制作した、富山県立大学の学生およびOBらを中心とし、2006年に結成。同大学を拠点として起業活動を開始し、各イベントへの作品の出展を行ってきました。

現在は代表者である、清水あつひろの個人企業として、携帯ゲームの開発を中心に、システム開発なども行っています。

また”エンチャント”は「魔法をかける」「魅了する」という意味があり、”エンチャント”ならではの付加価値を持った商品を作り、ユーザーを魅了し続けて行きたいという思いから名付けました。

エンチャントロゴマークエンチャントロゴマーク

<開発実績>

(2008~2009年)
  • 富山県立大学環境工学科「e-ラーニングシステム」の開発
(2010年)
  • 「ドラゴン最前線」(DoCoMo i-mode)


<イベントへの出展>

(2006年) (2007年)
  • 東京コンテンツマーケット2007
(2009年)

<その他>

(2007年)